ひきプラ

Hikikomori Platform

ひきこもりUX会議【実態調査受付中!】

ひきこもり当事者の声を世の中に広く伝えるために、実態調査を行っています!


<主な開催エリア>

オンライン

​参加対象者

ひきこもり当事者・経験者


​会の雰囲気や特徴

現在ひきこもり状態にある人は全国で100万人とも200万人ともいわれています。

しかしその当事者たちが実際にどのような状況にあり、何を思い、何を必要としているかについては、ほとんど理解が進んでいないと言わざるを得ません。

これまでの国や行政の調査は、数千名の調査対象のうち当事者が数十名といった数少ない回答から試算や推察を導き出しています。
またメディアが伝える「ひきこもり」の当事者像は、往々にして表層的・否定的に描かれてきたことは否めません。

当事者/経験者の実情やリアルな声が伝わることのないまま、ネガティブなイメージや偏ったデータが社会に流通してしまっているのが現状です。

私たち「ひきこもりUX会議」は、ひきこもりや発達障害、セクシュアル・マイノリティの経験者・当事者で構成している当事者団体です。
だからこそよりリアルな声や信頼性の高いデータを集め、社会と当事者一人ひとりに還元したいと考えています。

たとえば私たちが実施した『女性のひきこもり・生きづらさについての実態調査2017』で寄せられた369名の切実な声は多くの人たちに共有され、ひきこもり女性の認知や、「ひきこもり女子会」等の取り組みに活かされています。

さらに今回は、性別・年齢を問わず、社会へのインパクトを高めるため1,000名の方から回答をいただくことを目標としています。

広くたくさんの当事者/経験者の思いや経験をつかむことで、「ひきこもり」への理解促進や今後の政策提言、支援のデザインの足がかりになってほしいと考えています。
そのために私たちも草の根の活動を通じて国や行政、多くのメディアへのチャネルを地道に広げてきました。

「誰もが生きやすい社会」
「自分の人生を自分でデザインできる社会」への布石とするために、
どうかご協力よろしくお願いいたします。

調査期間|2019年10月17日(木)~11月15日(金)※期間延長しました

調査対象|ひきこもり・生きづらさの当事者・経験者(年齢・性別問わず)

<オンラインフォームでの回答の場合>
回答フォームはこちらから
https://forms.gle/H4oYkAh7SdvrBw8E7

パソコン・タブレット・スマートフォンでの回答が可能です。


運営者

不登校、ひきこもり、発達障害、セクシュアル・マイノリティ等の当事者・経験者によるクリエイティブチーム。
「当事者」たちが長い時間をかけて経験してきた生きづらさや葛藤、居場所のなさ、さまざまな支援、そのすべてがUnique eXperience(ユ二ーク・エクスペリエンス=固有の体験)だと捉え、当事者の視点から「生存戦略」の提案・発信を続けている。
2014年6月発足。


今後の開催予定

未定